Loading…
pro.pngill.pnghow.pngdia.pngkaf.png

スポンサーサイト

Posted by shikikami on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

④背景・仕上げ

Posted by shikikami on 17.2009 メイキングCG   0 comments   0 trackback
■背景の着色

22_20100922142303.gif

23.gif

とはいってもこれといって
特別な技術があるわけでもないので
書くようなことはあまりないのですが・・・
とりあえずキャラの着色をしている段階で
なんとなくこいつは夕焼け空が似合うと
勝手に決め付けていたので、
一番下のベースレイヤーにそれっぽい色を流し込みます。
その上に新たにレイヤーを作り、
建物っぽいのを水彩ブラシでがしがし書いていきます。
シルエットになるので色は全く考えず、
とりあえずは黒一色で描いてしまいました。
そんな適当ぶりでも深みが出せるのは
水彩ツールのすばらしいところですね。

ところでIlluststudioにはパース定規という
便利な機能があるというのに、
今回は下書きもせず適当に書いていってます。

だから書くことないのか。

24.jpg
建物を描いて空の領域も決まったので、再び空の着色に入ります。

人物着色のところでも描きましたが、空というのも
「色遊び」的な意味では絶好の遊び場なんで描いてて楽しいです。
ここの色合いは夕日の写真だとかを参考にしてみると
よりリアルにかけるんじゃないかなと思います。

まずは夕焼けから夜に移り変わっていくよう
グラデーションをつけていきます。

その上に新たに雲のレイヤーを作り、
大体の配置を決め、雲を夕日に染まる黄色で着色。
形を整えていきます。

25.jpg
その上に新たに雲のレイヤーを作り、
大体の配置を決め、雲を夕日に染まる黄色で着色。
形を整えていきます。
ここでは水彩ブラシの「かすれマーカー」を活用しました。
雲のようなもやもやしたものを描くのには便利です。
26_1.gif
夕日の光は雲の横から当てるので、
雲のふちの部分以外に影をつけていきます。
だんだんそれっぽくなってきました。

26.jpg

このままでも空単体としてはまあ悪くはなかったのですが、
人物のレイヤーとあわせて見てみると
キャラに当たった光の色合いと空の色とに
若干違和感があったので、メニューの
「フィルター」→「色調・彩度・明度」で
空のレイヤーの色合いを調整し、少々時間を巻き戻させてもらいました。
上部に少し夜の帳がおりる様を出したいので、
ささっとブラシで藍色を乗せて完了です。
27.jpg

このくらいの夕焼け空なら前よりは馴染んだと思います。

更に建物のシルエット部分もやや浮いて見えるので、
これもフィルタの色調・彩度で修正しよう―――

・・・と思っていたのですが、
Photoshopでよく使う手段の色調の統一チェック→色調いじりが
Illuststudioにはありませんでした。
ここまで似てるのにこの機能がなかったのは残念・・・

他にも手段はあったかもしれませんが、
個人的にはやり慣れた手法で作業したかったので
ここだけPhotoshopに出てきてもらいました。
IlluststudioからそのままPSD形式にも保存できます。
レイヤー情報まで保存できたのには驚きました。
最近のペイントツールってみんなこんななんですかね。
おかげですぐに作業できたので助かりました。


建物の色をいじったら
再びIlluststudioに戻って建物の部分を貼り付け、
仕上げに人物レイヤーの一番上にキャラのフチを
うすら輝かせて完成です。
イラスト03

今回のコンセプトは
「一昔前の時代背景とバイオレンスなお嬢様」に
ちらリズムを添えてみました。
書いてる本人からして意味わかりません。本当にすみません。

今回IllustStudioを初めて使ってみた感想としては、
お手軽な価格(まだ買ってないけど)に比べ機能は十分すぎるほど。
更にいえば書き手の立場で開発されてるなーと思わせるような
かゆいところに手の届く機能が満載です。
今回紹介してませんが、3Dオブジェクトの読み込み機能もあります。
作画の効率化には嬉しい機能です。

逆に機能的に物足りないと感じたのは
フィルターレイヤーの効果に「色調・彩度・明度」
も欲しかったのと、
同じく「色調・彩度・明度」の編集に
「色調の統一」項目がほしかったなと。
モノクロ画像をセピア調に編集したいだとかの時に
あると簡単便利だと思うのですが。
というか色調統一なしでそういった加工を
どうやったらいいのかわかりません。
あとで調べてみたらフィルタの「グラデ彩色」が近いのか?
微妙に違うような気もしますがこれを使えばなんとかなるのかな。

動作に関してはPhotoshopなどに比べてやや重めです。
時代の最先端ではないにしろ
うちのPCが特別スペック低いとかではないと思うんで、
もう少し軽ってくれると有難いのですが・・・
大きなサイズの画像でなければ快適に動きますが、
B4サイズの350dpiでは線画を読み込んだ時点でかなり重くて諦めました。
これはIllustStudioに限ったことではありませんが、
仕上げの段階ともなるとレイヤーの数も整理して
適度に統合していかないと重くて作業にならないと思います。多分。

んで総合的に見ると、この機能で\5,000そこらなら買いかなーと。
完全初心者はわかりませんが、
CG経験者、特にComicstudioを使ったことのある人なら
同じような仕様が多いので普通に入りやすいかと思います。

グレードアップもわりかし頻繁に行われているようなので
今後に期待です。(2009.09.17)



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shikikami.blog83.fc2.com/tb.php/36-9e558cef

 

shikikami

Author:shikikami
漫画家。守月史貴(かみづきしき)


最新刊 4/28発売!
白泉社 (ジェッツコミックス)
捻じ曲げファクター(4/28)
捻じ曲げファクター (ジェッツコミックス)

既刊情報

★秋田書店
(チャンピオンREDコミックス)
神さまの怨結び 1(11/20)
神さまの怨結び (チャンピオンREDコミックス)

★アスキー・メディアワークス
(電撃コミックス)
トカゲの王3
トカゲの王 (3) (電撃コミックス)
トカゲの王 2
トカゲの王 2 (電撃コミックス)
トカゲの王 1
トカゲの王 1 (電撃コミックス)

★メディアファクトリー
(フラッパーコミックス)
池袋発、全セカイ行き!4
池袋発、全セカイ行き! 4 (フラッパーコミックス)
池袋発、全セカイ行き! 3
池袋発、全セカイ行き!  3 (フラッパーコミックス)
池袋発、全セカイ行き! 2
池袋発、全セカイ行き!  2 (フラッパー)
池袋発、全セカイ行き! 1
池袋発、全セカイ行き! 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

(アライブコミックス)
疾走れ、撃て! 2
疾走れ、撃て! 2 (MFコミックス アライブシリーズ)
疾走れ、撃て! 1
疾走れ、撃て! 1 (MFコミックス アライブシリーズ)

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。